人生最後のダイエット...してみませんか?

2013年07月22日

糖質検定って知ってる?



ダイエットをしようと思った時、

アナタはまず何を考えますか?


大半の方がカロリー計算だと思います。


その中でもなるべく糖質の少ないものを
選んだりしてると思います。


糖質は太ると思っているからですよね。


でも糖質のことって実はそんなに知らないんじゃないですか?


そこで、こちらでちょっと勉強しましょう。

    ↓↓↓

   糖質.JP


糖質検定なるものがあります。


ちなみに私、
さっき初めてやってみたんですが

90点でした。

食生活チェックもできますよ。

おススメのサイトです。








にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット成功へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





posted by ダイエット番長 at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

成長ホルモンで痩せる



ジムワークにしろ自宅で密かに筋トレに励むにしろ、
筋肉にある程度負荷の強い刺激を筋肉に与えると、


成長ホルモンが分泌されます。



そして、ちゃんとタンパク質を摂取していると
筋肥大して筋肉量が増えます。



筋肉量がアップすると代謝もアップします。



ここまでは知っていると思います。





筋肥大にはこの成長ホルモンの関与が大きいと
考えられていました。



もちろん、大きいのですが、



近年の研究で、この成長ホルモンの作用は
単に筋肥大だけでないことがわかってきました。


実は、筋肥大よりも脂肪分解効果が高いんです。




難しい話は無しにして
簡単に言うとですね、


運動を始めると、アドレナリンと言う物質が
分泌されて脂肪分解を始めます。


そして、運動後は成長ホルモンが
脂肪分解を促しているんです。



その分解作用は十数時間にも及ぶことがあるという
研究結果が報告されています。




なので、先週お伝えした
有酸素運動は無酸素運動である筋トレのあとに行うと

かなり効率よく脂肪を燃焼できるんです。



そのトレーニング方法にもコツがあります。



負荷をそれほど大きくしなくても
スロトレのような終始筋肉を収縮させているような運動か、


ダンベルやバーベルなどを
ギリギリ10回あげられるくらいの重さの
負荷をかけることです。




おススメはスロトレの方です。



ダンベルやバーベルや自宅ではできないことが多いですし、
無理をするには誰かに補助してもらう必要があるからです。



自宅でもできる方から始めるのが良いでしょう。





それと、もう一つ、

運動すると、食欲は抑制されます。


お腹が減っているときには
グレリンというホルモンが胃から分泌されます。

これが食欲旺盛にしてしまう物質。


しかし、満腹になると減ります。



食後にグレリンと入れ替わるように分泌されるのが、
ペプチドYYいう物質で、

これが食欲を抑制する物質です。



ちょっとキツめの運動をすると
このペプチドYYが分泌されるので
食欲が抑えられます。



なので、夕食前のちょっとした時間、
1時間とは言いません。20〜30分くらい
スロトレすると、適量の夕食で満足できるカラダに
生まれ変わり始めます。




さらにもう一つ、


ダイエット中の最大の敵は


ストレスですよね。




食べたいけど食べられない。



これはツライですよね。



最近の研究で、


運動は脳内の神経細胞の形成に影響を与え、
ストレスを受けても通常の脳活動が阻害されなにくくなる。


というのが発表されています。



マウスの実験でも証明されています。



つまり、食事だけでダイエットをするよりも、

実質的な脂肪分解作用だけでなく、

ストレス耐性から言っても

運動を取り入れた方が


楽なんです。




運動はイヤだと思って回避していた方、

食事だけのダイエットをして

ツラい思いをしてきたのは

当然だったんです。




これを読んで、


じゃ、今日から運動を始めるか!


と気合いをいれるのは良いのですが、



内臓脂肪や肝臓の脂肪が多い方は
成長ホルモンの出が悪いんです。


中年の男性に多いですね。



あまりに長い期間
運動不足が続いていて
すっかりメタボになっている方は


まずは食事を見直しつつ

無理のない範囲で始めて下さいね。



posted by ダイエット番長 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

まずはストレッチから

前回の記事投稿から1週間が経ちました。


基本の部分は大体分かりました?


今回は筋肉についてです。



ダイエットに大切なのは食事と運動っていうのは
既に知っていると思います。


運動には2種類あります。


有酸素運動と無酸素運動です。


有酸素運動というのはジョギングや
ウォーキングを指します。


無酸素は筋トレですね。


この2つに関しては既に何らかの
知識を持っていると思います。



今回はこれらの運動をする前の話をします。



筋肉は速筋と遅筋という2種類に分類され、

加齢とともに柔らかさを失っていきます。


40歳をすぎてから急に体が硬くなり
思うように動かないと感じたら、

それは間違いなく筋肉の老化現象です。



で、速筋と遅筋、

このどちらが老化するのかと言えば

速筋です。


遅筋の方はもともと硬くて
老化の影響がでにくく面積も小さいんです。



速筋は遅筋を比べると筋繊維経が大きく、
トレーニングをすると筋肥大をするんですが、

運動をしないとどんどん衰えていきます。



なので速筋に刺激を与えて
太くする必要があります。


太くすると言っても
刺激すればいいだけなので
筋トレではなく、ストレッチで十分です。


ストレッチをすることで
速筋が刺激され硬くなった筋肉を柔らかくなると、
関節の可動域が広がり、血流も良くなるので

当然運動量が増えて消費カロリーも増えるので
ダイエット効果が高くなります。


学生時代は運動してたけど、
社会人になってからは全く運動をしなくなったという方は


まずはストレッチを1週間くらいしてから
有酸素、無酸素の運動を取り入れてください。


そうしないと、筋繊維が一気に壊れて
翌日からの筋肉痛が大変なことになります。



そうならないためにも
まずは1週間のストレッチからです。


次回は筋肉の話の続きを
姿勢についてです。



兼子ただしの“スピード ストレッチ プログラム” 〜体が硬い人、もっと柔らかくしたい人のためのストレッチ〜【KNK0007】












posted by ダイエット番長 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

基本から語りますかね。



もう7月に入りましたね。


これからダイエットに取り組む方もいると思うので、

基本的なことから、分かりやすくザックリと語ります。



「ダイエット」というのは単に体重を減らすことではなく、

体脂肪を減らすことを指します。



で、本来は食事でこれを行うものです。



ダイエットの本来の意味は

「調整された食事」なんです。




なので、食事の管理が大事なんですが、

詳しいことは後日ということで、


今日は、体脂肪についてです。




そもそも体脂肪について

ちゃんと知ってます?



なぜ体脂肪がたまるのか。



これは食糧が不足していたはるか太古の人間が
飢餓にそなえるための生命維持が目的。


エネルギー源となる脂肪をムダ使いしないように
進化した結果なんです。



しかし、現在は飽食の時代になっていますので
この機能は完全に仇となりました。




体脂肪と言っても2種類あります。



皮下脂肪と内臓脂肪です。



字のごとくなんですが、
皮膚のすぐ下につくのが
皮下脂肪で内臓のまわりにつくのが
内臓脂肪です。



これは知ってますよね。




内臓脂肪は貯蓄されるのも早いんですが、
消費されるのも早く、比較的落としやすいんです。

皮下脂肪はこの逆でやっかいです。

女性の方が男性よりもつきやすいです。



困ったもんですね。




で、それらの脂肪をほっとくとどうなるか。




まずは体型がダサくなります。



困ったもんですね。




だけじゃなく、体重増加により
ひざの軟骨や半月板に負担がかかり

ひざ関節症なんかにもなります。



さらにメタボ臭もでてきます。


これは脂肪の燃焼効率が悪くなり
燃えカスが臭いを放つからです。



そして怖いのが病気ですね。


肥満になると、低インスリン症が起こり
糖尿病になります。



糖尿病が引き起こす様々な症状は
日常生活を困難にします。


心筋梗塞や失明をも引き起こすんです。




でも、同じ量を食べているのに
全然太らない人もいますよね。


これは遺伝子によるものです。



現在の日本の食事は
欧米化しているので欧米人のような
肥満体型をしている人が増えてきました。


これは肥満遺伝子があるからです。


じゅ、これがあると痩せられないのか、

といえばそんなことはありません。


食事の管理と筋肉量の増加が伴えば
誰でも痩せます。



こう書くと、

なんか難しくなってきたな、


と思ってません?



ダイエット自体の作業は別に難しくありません。



一番の問題は結果を早く求めることです。



1か月で10キロ減とか

ボクサーじゃないんだから
そういう無茶はやめてください。



私は元ボクサーで
2か月で13キロの減量をしてました。


でもこれは早すぎるペースで
主治医にも怒られてました。


どうしたら成功して
どうしたら失敗するのかは

実体験として語れます。




まずは早すぎる結果を求めないこと。



これを肝に銘じてください。



次回は筋肉の作用についてです。



これもザックリいきますよ。







posted by ダイエット番長 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

ダイエット基礎7


運動編3
体力年齢を知っていますか?


続きを読む
posted by ダイエット番長 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする