人生最後のダイエット...してみませんか?

2015年05月19日

炭水化物 冷やす 太らない


最近テレビで衝撃的なダイエット情報が発信されていましたね。


ダイエットの天敵?炭水化物の太らない摂り方です。

やり方は簡単で

炭水化物を冷やして食べると

摂取カロリーが減らせるというもの。



炭水化物の代表といえば、

ごはん、パスタ、麺類ですよね。


これらは大抵暖かい状態で食べていると思います。

なので、冷製パスタ、冷やしうどん、などに変えるだけで
摂取カロリーが減るというんです。


理屈としては

炭水化物を冷やすと、
でんぷんの一部がレジスタントスターチというものに変わります。

レジスタントスターチとは

消化されにくいでんぷんのことです。


ほとんどの炭水化物に含まれていて、
加熱後、冷やすことによりその量が増加します。



とはいえ、まだ研究が進んでいない分野で

まだ分かっていないことも多いのだそうです。


が、


番組ではタレントさんが実践してみて
うまくいっていました。


では、冷やすといっても
何度くらいにすればいいのか?

4℃〜5℃くらいがベストらしいので
単純に冷蔵庫のチルド室でOKだそうです。


また新しいことが分かれば記事にしますね。



posted by ダイエット番長 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419224357
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック