人生最後のダイエット...してみませんか?

2016年11月07日

ピラミッドダービー


昨日、ピラミッドダービーという番組で

100gダイエット
8時間ダイエット
フルーツダイエット
まいたけダイエット

を実践したタレントさんたち。


この4種類のダイエット法のうち
1週間で何キロやせるか?
を競う企画をやってました。


見ました?


結局、まいたけダイエットを実践した
愛川ゆず季さんが4.1キロの減量に成功して
1位でした。


これは、たまっていた宿便が出た効果です。


便秘で悩んでいる女性は多いので
とても良い方法なのですが、

健康的に細くなるという意味での「やせる」という言葉を
もう一度よく考えてくださいね。


余分な体脂肪を減らしたいわけですよね。


肉が落ち、からだが細くなるという状態を目指しているわけでも
ないわけですよね。



健康的に痩せるには
食事と運動。これが基本です。

食事と運動のどちらが大事かと言えば、
圧倒的に食事です。

特に糖質の摂りすぎには注意です。


過去ログを参考にしてくださいね。



posted by ダイエット番長 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

恋づくし


「恋をするとキレイになるように、
中からキレイ&スッキリ気分」

なんて気になるキャッチ。



本当に飲み続けなくてもOK?



しかもお試し価格600円!


 ↓↓↓


恋をするとキレイになるように、 

スッキリ&キレイ気分!食物繊維サプリメント『恋づくし』 





クリックありがとうございます

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット成功へ

posted by ダイエット番長 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

ロカボって知ってます?


ロカボって知ってます?


新しい食事法で、

ローカーボハイドレードの略なんですが、


これは1食の糖質の摂取量を

20g〜40gにして

1日の摂取量としては
70〜130gに抑えるという

緩やかな糖質制限のことです。




その特徴はというと、


カロリー制限は意味なし。

油は積極的に摂るべき。

満腹になっても大丈夫。


というこれまでの常識を覆す主張です。




前回は低カロリー食のダイエットで
痩せすぎの女性が増えているという内容で


将来的にも危険な状態にあるという記事でしたね。



結局、未だにダイエットの主流はカロリー制限が一般的。




しかしその常識は今大きく変わっているんです。


2008年の検証データに

減量効果がもっとも高いのはどのグループかを
実験した報告があります。



そのグループは以下の3つ。



1.油&カロリーは控えるグループ。

2.油はしっかり摂ってカロリーは控えるグループ。

3.糖質を控えてカロリーは無制限のグループ。





この3つのグループで最も減量効果があったものは
どれだと思いますか?





1を選ぶ人が多そうですね。







正解は3です。




カロリー無制限なのに?



って声が聞こえてきそうですね。





カロリー制限の方も減量初期には体重は落ちるんですが、
長期的にみると糖質制限の方が上です。





以前は食事をしたら血糖値は上がるものと思われていました。


しかし、今わかっていることは食事の後に
血糖値を上げてくるのは基本的には糖質だけなんです。



太ってしまう原因の一つは
糖質の摂りすぎのによる食後の血糖値の上昇です。




糖質を含む食べ物の代表といえば

ごはん、ぱん、パスタ、お酒など。




なので、肉や魚はどれだけ食べても良いんです。


糖質ではありませんからね。




カロリーを気にしているダイエットをしている人は


カロリーが少ないからと言って
ざる蕎麦なんかを食べてしまってますが、

蕎麦は糖質が多いので痩せにくい食事と言えます。






さらに2009年のデータでいうと

食べる油の比率が多い人ほど
中性脂肪が下がっているという結果で、


しかも健常者よりも糖尿病患者の方が
食べる油が多いほど
中性脂肪が下がりやすくなっているというんです。



なので中性脂肪が多い人は
油を断ってはいけないんです。




ここ数年でもダイエットの常識は大きく変わりました。




アメリカの有名雑誌「TIME」でも

1984年当時は「卵とバターは控えましょう」

と謳っていたのに、


2014年には「バターを食べましょう」
に変わっていて、これまで信じられていた
「油は不健康」は間違いだったと発表しています。




詳しくはロカボを提唱している
山田悟先生の著書をどうぞ。

    ↓↓↓


糖質制限の真実 [ 山田悟 ]

糖質制限の真実 [ 山田悟 ]
価格:842円(税込、送料込)




家庭でロカボをやるときに便利なのがこちら。
糖質量チェックリストがあります。

    ↓↓↓







いつもクリックありがとうございます

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット成功へ




posted by ダイエット番長 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

問題なのは肥満ではなく痩せすぎの方です。



去年、日本人の痩せすぎの割合いが
過去最高になりました。



この状況って将来的には
とっても怖いことなんです。




今回はそんな話です。





標準的な20代女性が1日に必要とするカロリーは

約1950キロカロリーなんですが、




実際の摂取カロリーは厚労省の調べでは
平均で1628キロカロリー。



これは食糧難だった戦後直後の数値を下回っています。



今や20代女性の5人に1人、

女性全体で8人に1人が痩せすぎというデータが出ています。





その基準となるのがBMIと言われる指標で


BMI = 体重(kg)÷ 身長(m)÷ 身長(m)



で出すことが出来ます。




標準値が18.5〜25未満で


25以上が肥満で


18.5未満が痩せすぎとなっています。






これまではメタボなどの言葉が出てくるようになった背景として
肥満が問題視されることが多かったのですが、


現在では痩せすぎの方が問題なんです。




これは本人の健康の問題だけではないんです。




痩せすぎの女性から生まれる子供が
低体重になる傾向があって次世代にまで影響が
出ることが分かってきたんです。



また、若いころに痩せすぎている女性は
そうでない女性に比べて、高齢者になってから
要介護になることが多いことも分かってきました。




その痩せすぎの原因は
極端な低カロリー食です。




相変わらず間違った知識が蔓延していて
栄養学は完全に無視で、
低カロリーのみに頼ってダイエットをしている方、

基礎代謝以下の摂取カロリーの食事をしている方も多くいます。






これは現代社会の働き方も作用していることのようで、

就業時間が長い人ほど朝食を
ほぼ毎日食べる方が減っています。



1日の総摂取カロリーも
同じような傾向にあることがわかりました。




しかし、当の女性たちは「痩せたい理由」として


1位  容姿 

2位  ファッション 

3位  健康


と、健康よりも見た目の方を重視しています。




さらに驚きなのが、3人に1人は
健康に良いからと答えています。



人間の体は極端な低カロリー状態になると
カロリーの消費を抑えようと筋肉を減らします。


さらに代謝を促す甲状腺ホルモンの分泌が減り
全身の代謝が落ちます。


本来取るべきカロリーを摂っていないと
体温の保持、内臓の働きといった

基本的な機能すら保てなくなります。



こうなると、食欲が減り、活動量も減り、
さらに筋肉も減るので負のスパイラルに陥ります。



この結果、本人の老後だけでなく
次世代にも影響が出るんですね。


日本では2500グラム以下の低出生体重児の割合が
9.6%と先進国の中では最も高い数値となっています。


低体重児は生まれながらにして
生活習慣病のリスクを背負っています。


2500グラム未満で生まれた子供は
糖尿病を発症するリスクが極めて高いことが分かっています。



これは母親の胎内にいるときに
脂肪などの栄養分をより多く蓄えようとする体質が
プログラムされ易いからだと考えられいます。



だから現代の痩せ志向は危険なんです。





以前からこのブログでは
しつこいくらい書いてますが、

女性の食事はとにかくタンパク質の摂取量が少なすぎます。


それと、ダイエットには食事だけでなく
運動も必要です。とはいっても
アスリートの様な運動をする必要はありません。


真面目に毎日ラジオ体操をするだけでも
ちゃんと効果があります。


ただ、ちょっと時間がかかるかも知れません。




プロに手伝ってもらって
早く健康的に痩せたいという方、

こちらで無料体験をしてみてはいかがですか?

全国53か所に展開、主要都市に続々OPEN

    ↓↓↓


女性ダイエット&ボディメイク専門!女性専用パーソナルトレーニングジム!【Shapes】








クリックありがとうございます

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット成功へ





posted by ダイエット番長 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

ダイエットの成功確率を上げる方法





今回はダイエットに関する確率の話です。



現在の日本人の肥満率って
どのくらいだと思いますか?



ちなみに肥満大国アメリカは
33.8%です。




日本はというとわずか3.9%です。



ほとんどの人がダイエットなんて
必要ないんです。




とは言っても

友達から「最近太った?」なんて言われたら

ダイエットを始めちゃいますよね。



しかも結構いい加減なダイエットを。




ダイエットの理由として
「モテたい」、「キレイになりたい」、
「なんとなく始めた」人の成功確率は

たった8%です。




一方、医師からの宣告や、
解雇通告、追い詰められて始めた人の成功確率は

73%です。





ダイエットに最も重要なのは
継続させることです。





どうしてもダイエットしなければいけない状況に
追い込むのが望ましいのですが、


普段、ダイエットをしなければいけない状況って
意外とないですよね。



そして、

「どうしてもダイエットしなければいけない状況」
がモティベーションになるかと言えば


実はそうでもないんです。




人間の行動力は
モティベーションが支配しているのではありません。




行動力は「気分」で決まるのです。



いくらやらなければいけない理由や
未来像があっても、気分が下がっているときは

人間は動かないのです。




では、やるべきことは何か?



まずは知り合いにダイエットを宣言してください。


ダイエット中であることを知ってもらい
言い訳する逃げ道を断つ。


まずはこれから。




ちなみに一人で取り組むダイエットの
成功率は20%以下。



逆に友人2人を巻き込んで一緒にダイエットを始めると
成功率 66%に!



一人の時よりも友人と一緒の方が
気分が下がりにくいので継続しやすくなります。




なので、逃げ道を断ってから
友達2人と一緒にダイエットをするのが
成功への近道と言えます。




こっそり自宅でダイエットしたいという方、

実はこんなのもあります。

    ↓↓↓









クリックありがとうございます

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット成功へ


posted by ダイエット番長 at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする